麻酔科の現状とは

医師が不足している現状が憂慮される診療科目の中でも、とりわけ麻酔科医は深刻な状況にあると言えるでしょう。
その水準は産婦人科医や小児科医、救急医などとさほど差はなく、地域によってはそれらを上回るほどの医師不足状態へと陥っています。

免許や資格そのものは麻酔科を標榜しない限り、他の診療科目の医師と同様に医師免許のみで問題なく、それ以外は必要ありません。
しかし、どの診療科目にも外科的手術を施す可能性があり、その手術全てに麻酔が必要となれば、どうしても医師数が不足してしまうことは容易に想像できるでしょう。

手術時のみではなく、手術後の患者の様子なども診ながらケアを行っていなければなりませんし、がん患者などに対する緩和ケアにも携わるなど、思っている以上にその仕事内容は幅広くなっています。

どんなに健康が意識される時代になっても、手術を受ける患者がいなくなることはありません。
むしろ高齢化が進めばがん患者が増えるわけですから、手術数はもちろん緩和ケアを必要とする人の数も増えてくることになります。

麻酔科医の数そのものが極端に少ないわけではなく、必要数に達していない、麻酔を必要としている人の数に対して供給が追いついていないというのが現状でしょう。

  麻酔科の求人について

医師の転職市場動向を考えれば、上記のように高いニーズもあることから、この分野の転職は多分のメリットを受けられるはず。

求人数も常に多く存在し、その中から好きなところを選べるという利点もあります。
病院の規模も限定的ではなくさまざまな医療施設から選択できるため、自らの働き方をコントロールしながら仕事に携わっていくことができるでしょう。

また、麻酔科医師の転職市場動向の一部として注目されてきているのが、フリーランスという形です。
この分野に携わっている医師にとって、一つの医療施設に常駐するメリットというのは実はあまり多くありません。

しかし、需要そのものは非常に高いため、あちらこちらの病院やクリニックで麻酔管理等を行う形を選ぶ医師が、近年増えてきているのです。
この診療科目にこれからも携わっていきたいと考えているのであれば、フリーランスで活動していくことはかなり有意義な選択肢となるのではないでしょうか。

転科先としても、もちろん注目すべき存在です。
ニーズが高いことに加え、経験を積めば多くの医師がスキルや知識を身につけることが可能な分野ですから、今現在は他の分野に携わっている医師でも、将来性を考えれば転科先の有力候補としてもいいのかもしれません。