眼科の現状とは

眼科医の現状ですが、都道府県単位で見れば、この数が十分に足りているところはほとんどありません。
地域差が大きく、それほど深刻な状況にはない地域もありますが、例えば美容外科や形成外科、アレルギー科などのように、ほぼ不足状態が解消されており医師の数が足りているという状況とは到底言えないでしょう。

眼科医の数そのものは増えています。
しかし、これは医師の全体数が増えていることに影響を受けたもので、他の分野から特段この診療科目へと人が流れているというわけではありません。

産婦人科や外科などから医師が流れているのではないかという話もありますが、これは現状とは異なるようです。

確かに、この分野は診療が産婦人科や外科などと比べると比較的楽であるとされ、自由診療の領域も多く含まれるため将来性も高く、そうしたことがきっかけとなり多くの医師の転職先・転科先として積極的に選ばれた時期もあります。

しかし、最近ではその傾向も収まってきており、その結果、まだまだ十分な医師数が確保できていないという状況が続くことになっています。

  眼科の求人について

このような現状は、当然、市場動向へも反映されます。
大規模な病院、中小規模の病院、そして診療所やクリニックと、幅広いタイプの医療施設で募集が出ているため、転職先が見つからずに困るという心配はないでしょう。

手術ができる医師を募集している医療施設、外来のみで募集している医療施設、募集の内容もさまざまです。
業務内容もしっかりと確認した上で転職先を選んでいかなければいけません。

今後の市場動向ですが、需要という観点から見れば、これは順調に伸びると予想されます。
まず、若い世代で特にコンタクトレンズが流行していること。
そのコンタクトレンズにより目に何らかの不調を訴える人も同時に増えています。
また、視力回復を願う層も若い世代に広がってきており、以前よりも幅広く患者を確保することに成功していることから、需要が減ることはないと考えられるでしょう。

また、高齢化に伴って、上の世代の患者数も増えてきている傾向があります。
白内障をはじめ、高齢者に多い眼の疾患も多々ありますから、今後も患者数は増加傾向が続くのは間違いありません。
これらのことから、この分野の医師そのものも求められることになるでしょう。

転科後に適応しやすく体力もあまり必要ないことから、医師の転職先としての需要も伸びそうな眼科。
つまり、競争率がさらに上がる可能性も否定はできません。

この分野への転職を考えることは、現状有利に働くと思われるものの、タイミングを間違えれば思い通りの転職ができない可能性も出てきます。
市場動向を見極めながら、適切な時期に転職・転科を試みることを心がけましょう。